歯が痛い・しみる~一般歯科~

歯が痛くなったら早めに治療しましょう

歯が痛くなったら早めに治療しましょう

歯に痛みを感じたり、冷たいものがしみたりしていませんか? そんなときは、虫歯の可能性があります。虫歯は放っておいても自然には治りません。むしろ、治療しなければどんどん悪化し、最悪の場合は歯を失ってしまうこともあります。大切な歯を守るために、気になる症状がありましたら、なるべく早めに当院にご相談ください。

虫歯を放っておく危険性

虫歯を放っておく危険性

虫歯になると徐々に痛みが増しますが、治療せずにいるといつのまにか痛みがなくなることがあります。そこで「痛くなくなったから放っておこう」とそのままにしておく方がいらっしゃいますが、それではいけません。痛みがなくなったからといって治ったわけではないのです。次第に虫歯が重症化し、歯だけでなく歯を支える骨にまで病巣が広がってしまうことがあるのです。

虫歯は悪化すればするほど、その治療の時間や費用などのご負担も増えてしまいます。「歯が痛い」と感じたら、できるだけ早めにご相談ください。

虫歯を放置するリスク
  • 虫歯は自然治癒しないため、症状がどんどん悪化していく
  • 激しい痛みが生まれる
  • 治療が難しくなる
  • 治療時の痛みが増す
  • 治療(通院)回数が増える
  • 治療費の負担が増す  など

初期の虫歯は再石化で治せます

お口の中では、通常「脱灰」と「再石灰化」が繰り返されています。

脱灰・・・虫歯菌が出す「酸」により歯のミネラル分が溶かされること
再石灰化・・・虫歯菌が出す「酸」によって溶かされた歯を構成しているカルシウム、リン酸などが、唾液の中和作用により再び歯に戻ること

虫歯は、この脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、再石灰化が遅れることによって起こります。よって虫歯を予防するには、「歯の再石灰化」が重要なカギとなるのです。

また、歯の表面のエナメル質が白濁するようなごく初期の虫歯は、再石灰化で治癒することがあります。歯の再石灰化を促すには、間食を控えたりキシリトール食品を活用したりする日常の生活習慣の改善のほか、歯科医院で行うフッ素塗布やプラークコントロール、PMTCも効果的です。

歯がしみる場合は知覚過敏かもしれません

【歯がしみる場合は知覚過敏かもしれません】

虫歯は見当たらないのに冷たい物をとったときに歯が痛んだりしみたりする場合、「知覚過敏」が疑われます。知覚過敏とは、歯の表面のエナメル質が何らかの原因で削られることによってその下の象牙質が露出し、神経へ刺激が伝わりやすくなっている状態のことをいいます。

虫歯か知覚過敏かの判断は、ご自分では難しいもの。痛んだりしみたりする場合には、一度当院までご相談ください。

虫歯になりたくないという方はこちらをご覧ください。

To Pagetop