子どもの歯について知りたい~小児歯科~

乳歯は虫歯になりやすいことをご存知ですか?

乳歯は虫歯になりやすいことをご存知ですか?(1)

乳歯は永久歯に比べて抵抗力が低く、虫歯菌の出す「酸」に弱いため虫歯になりやすいといった特徴を持っています。また、乳歯の虫歯は永久歯の生え方にも影響を及ぼします。将来にわたって健康な歯を維持するためにも、「いずれ生え替わるから」とお子様の虫歯を軽視せず、早い時期から親御さんが注意してあげましょう。

普段の生活で親御さんに気をつけていただきたいポイント

甘い物はできるだけ控える

甘い物はできるだけ控える

子どもが大好きな甘い物には、虫歯菌の大好物である糖分が多く含まれています。歯の健康のことを考えて、できるだけ控えたほうがいいでしょう。
食後のケアを怠らない

食後のケアを怠らない

虫歯菌は、お口に残った糖分を栄養にして歯を溶かす酸をつくります。食事やおやつの後はブラッシングする習慣がお子様に身につくような環境をつくりましょう。
おやつは決まった時間に

おやつは決まった時間

お口の中に糖分がたまっている時間が長くなればなるほど、虫歯のリスクは高まります。おやつの時間を決めて、だらだらと食べさせないようにしましょう。
乳歯が生えたら通院する

おやつは決まった時間

お口のケアは乳歯が生えたときから必要です。まず歯医者さんに行って慣れることからはじめましょう。

お子様のこんなクセに要注意

お子様の何気ないクセが、噛み合わせや歯並びの乱れの原因となったり、顎の成長だけでなく全身に悪影響を与えてしまったりすることがあります。思い当たるクセは、できるだけ早く治してあげるようにしましょう。

指しゃぶり
唇や爪を噛む
舌で歯を押す
指しゃぶり、唇や爪を噛むクセ、舌で歯を押すクセは、どれも歯と歯茎に不要な力をかけます。これにより、出っ歯や受け口といった不正咬合(ふせいこうごう:悪い歯並び)になる可能性が高くなります。
ほおづえ
うつぶせ寝
横向き寝
ほおづえをつくクセがあると、顎の骨がゆがみやすくなり、下の歯列に乱れを招くことがあります。また、うつぶせ寝や横向き寝も、長時間続くと顎に不要な力がかかってしまい、ゆがみにつながる可能性があります。
歯ぎしり
強い噛みしめ
ギシギシと音がする歯ぎしりや強い噛みしめを行っていると、顎の関節に大きな負担がかかります。歯のすり減りや歯並びの乱れにもつながります。
口呼吸 口呼吸をしていると、舌の位置が定まらなくなるなどして歯並びを乱してしまうことがあります。また口の中が乾燥し、虫歯菌や歯周病菌が増えやすい環境になります。
丸呑み よく噛むことで、顎や脳が発達します。逆によく噛まずに丸呑みする習慣があると、顎の成長を促すことができません。また、胃腸への負担も大きくなり、消化不良につながって体の成長も阻害する可能性もあります。
片側で噛む 片側ばかりで噛むクセは、顎のゆがみや歯並びの乱れにつながります。また体がゆがみ、全身のバランスを乱してしまう可能性もあります。

To Pagetop

小児歯科処置方法紹介

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子様のお口の状態や発育度合に合わせて、歯ブラシの選び方からブラッシングの仕方まで、お子様が正しく自宅で行えるよう丁寧に指導します。親御さんの仕上げ磨きもアドバイスいたします。

シーラント

シーラント

奥歯にある複雑な形状の溝は、ブラッシングで汚れを除去しづらく、虫歯になりやすいとされています。そこで、あらかじめその溝にレジン(歯科用プラスチック)を詰め、虫歯を予防する処置が「シーラント」です。乳歯にも生えたての永久歯にも有効です。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強くする効果を持つフッ素を、抵抗力の弱い乳歯や生えたての永久歯の表面に塗布する処置。エナメル質を溶かす「酸」から歯を守り、歯の石灰化を促し、虫歯を予防します。定期的に行うと、より効果的です。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

過剰歯とは、通常の本数以上に生えてくる歯のことです。ごくまれに見られるこの過剰歯は、虫歯になりやすかったり、周囲の歯並びを乱したりすることが多いので、ほとんどのケースで抜歯になります。

お子様の歯についてのお悩み、お気軽にご相談ください。 03-5628-7003

To Pagetop