歯を白くきれいにしたい~審美歯科・ホワイトニング~

銀歯が気になっていませんか?

「銀歯が気になる……」「少し欠けてしまった歯が目立つ気がする……」

「銀歯が気になる……」「少し欠けてしまった歯が目立つ気がする……」

このようなお悩みは審美歯科で解決できます。審美歯科では、気になる銀歯や欠けてしまった箇所を白い素材の物に替えたり欠けてしまった箇所を白い素材で補ったりして、より自然な見た目に仕上げることができます。

銀歯をそのままにしているリスク

保険診療で使われる金属の詰め物や被せ物は、見た目が不自然になるだけでなく、金属アレルギーを引き起こすことがあります。...

白い歯に替えるメリット

そんな気になる銀歯を白い歯に替えるメリットは、いろいろあります。

自然な見た目・質感
一人ひとりの歯の色調に合わせてつくることができますので、より自然な見た目に仕上がります。
金属アレルギーのリスクがない
金属を一切使用しないセラミック素材で治療をすれば、金属アレルギーの心配がありません。
食事や会話を楽しめます
気になる銀歯がなくなれば、お口を開けることに抵抗がなくなり、心おきなく食事を楽しむことができ、会話や笑顔に自信が持てるようになります。

取り扱い素材・メニュー紹介

【保険の素材】
硬質レジン前装冠
硬質レジン前装冠 内側は金属で、外側にレジン(歯科用プラスチック)を用いた素材
メリット
  • 内側が金属なので強度が高い
  • ほとんどの部位の歯に使用可能
  • 保険が適応できるので安価
デメリット
  • 時間が経つと変色する
  • 裏側の金属が見える
  • 金属アレルギーを引き起こす可能性がある
見た目

2

耐久性

3

【自費の素材】
オールセラミック(ジルコニア)
オールセラミック(ジルコニア) 人工ダイヤモンドともいわれる審美性に優れた素材
メリット
  • 天然歯のような質感や透明感があり、セラミックの中でもっとも美しい
  • 前歯でも奥歯でも使用可能
  • 歯肉が黒くならない
  • 耐久性が高い
  • 経年劣化や変色がほとんどない
  • 金属不使用でアレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯を削る量が比較的多めになる
  • 修理・調整に時間がかかることがあ
見た目

5

耐久性

5

オールセラミック(e-max)

オールセラミック(e-max)

オールセラミック(e-max)

セラミックのみでできた素材
メリット
  • 見た目が自然で、審美性が高い
  • 歯肉が黒くならない
  • 経年劣化や変色がほとんどない
  • 金属不使用でアレルギーの心配がない
デメリット
  • 色調の表現はジルコニアほどではない
  • 修理・調整に時間がかかることがある
見た目

4

耐久性

4

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジンを掛け合わせた混合素材
メリット
  • 硬すぎないので噛み合う歯を傷つけない
  • 金属不使用でアレルギーの心配がない
デメリット
  • ほかのセラミック素材と比べると、耐久性や審美性がやや劣る
  • 経年により多少の変色がある
見た目

4

耐久性

4

メタルボンド

メタルボンド

金属の土台の表面にセラミックを焼きつけたもの
メリット
  • 見た目が美しい
  • 中身が金属なので割れにくい
  • ほとんどの部位に使用可能
デメリット
  • 内側が金属のため透明感は劣る
  • ジルコニアほどの強度がない
  • 金属アレルギーを引き起こす可能性がある
  • 歯肉が黒ずむことがある
見た目

4

耐久性

5

ラミネートベニア

ラミネートベニア

前歯にセラミック板を貼りつける方法
メリット
  • 長期的に白さを維持できる
  • 軽度の前歯の乱れ(すきっ歯など)を整えられる
  • 治療期間が短い
デメリット
  • 健康な前歯を削らなければならない
  • 施術は前歯のみ可能
見た目

5

耐久性

4

ファイバーコア

ファイバーコア

グラスファイバー(ガラス繊維強化樹脂)のコア(土台)
メリット
  • 天然歯に近い強度や柔軟性があるので、金属コアに比べ歯根を傷つけにくい
  • 光を通す素材のため、被せ物の透明感を維持できる
  • 再治療が必要になったときでも除去が比較的簡単
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯の状態により適用できないことがある
見た目

5

耐久性

4

To Pagetop

歯の黄ばみはホワイトニングで解決!

ホワイトニングは、歯を削らずに専用の薬剤で白くする処置です。加齢や飲食物による着色や変色は、ホワイトニングで改善できます。

歯の黄ばみや黒ずみが気になって笑顔をためらってしまったり、自分に自信がなくなってしまったりしていませんか? ホワイトニングで白く輝く歯を手に入れて、好感度をアップしましょう。

歯の白さが与える印象

人と出会うとき、第一印象はとても大切です。よりよい印象を与えるのに、白く輝く歯は大きく貢献するのではないでしょうか。

歯の色による印象は?
白い歯 色の悪い歯
  • 若々しくて活発な印象
  • 清潔感がある
  • 顔全体が明るい感じがする
  • 色白に見える
  • 老けて見え、不健康な印象
  • 清潔感に乏しい
  • 肌の色や顔全体がくすんで見える
  • ぼんやりとした印象になる

ホワイトニングの種類

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があります。

歯科医院で素早く白くする「オフィスホワイトニング」
  • 歯科医院で素早く白くする「オフィスホワイトニング」
  • 歯科医院で素早く白くする「オフィスホワイトニング」
  • 歯科医院で素早く白くする「オフィスホワイトニング」
  • 歯科医院で素早く白くする「オフィスホワイトニング」

オフィスホワイトニングは、歯科医院にて歯を白くする方法です。高濃度の薬剤を歯の表面に塗布し、特殊な光を照射することで色素を分解して歯を白くします。

ホワイトニング前にはお口のクリーニングを行いますので、よりよいホワイトニング効果が期待できます。1回の施術である程度の効果が得られ、これを数回繰り返すことで理想的な白さに近づきます。色の後戻りは比較的早く見られますが、結婚式や面接など、大切なイベントに向けてお急ぎの方にお勧めです。

メリット デメリット
  • 1回の施術で効果大
  • プロが行うため、手間がかからず安全で効果的
  • 施術前に歯のクリーニングが受けられる
  • 色調の調整が可能
  • 高濃度の薬剤を使用するため刺激を感じることがある
  • 白さの後戻りが比較的早い
  • 光が届きにくい奥歯は白くなりにくい
ご自宅でゆっくり白くする「ホームホワイトニング」
  • ご自宅でゆっくり白くする「ホームホワイトニング」
  • ご自宅でゆっくり白くする「ホームホワイトニング」
  • ご自宅でゆっくり白くする「ホームホワイトニング」
  • ご自宅でゆっくり白くする「ホームホワイトニング」
ホームホワイトニングは、ご自宅でご自分のペースで歯を白くする方法です。あらかじめ歯科医院で作製した専用のマウストレーに低濃度の薬剤を注入し、毎日お口に数時間装着してじっくり薬剤を浸透させ、色素を分解して歯を白くします。効果が現れるまでに時間がかかりますが、色の後戻りも少ないので効果が長続きします。
メリット デメリット
  • 刺激が少なく安全性が高い
  • 白さが後戻りしにくい
  • 自分のペースで施術可能
  • 奥歯まで白くできる
  • 数週間、施術をくり返す必要がある
  • 色調の調整がしにくい
  • 施術もクリーニング(ブラッシング)も自分で行うため手間がかかる

ホワイトニングの注意点

施術前に知っておいてほしい注意点は…… 
  • 効果には個人差があります
  • 人工物(差し歯、詰め物・被せ物など)は白くできません
  • 抗生物質や薬剤による歯の変色には、効果が現れにくい場合があります
  • 18歳未満の方や妊娠中の方には、お勧めできません
  • 虫歯や歯周病などのお口のトラブルがある場合は、そちらの治療が優先となります
施術中に気をつける注意点は……
  • 薬剤の使用や管理については、歯科医師の指示に従ってください
  • マウストレー装着中やその後30分は飲食や喫煙を控えてください
  • 施術期間中は、色の濃い飲食物(ワイン、カレー、コーヒーなど)の摂取や喫煙は控えてください
  • ホワイトニング前にはしっかりとブラッシングをしてください
施術後にしてほしい注意点は……
  • 歯の白さを維持するために、メインテナンスを受けましょう

銀歯や歯の黄ばみに関するお悩みは、お気軽にご相談ください。03-5628-7003

To Pagetop