歯を失ってしまった・・・~インプラント・入れ歯~

歯を失ってしまったら早めに補いましょう

虫歯や歯周病、外傷などで歯を失ってしまうことがあります。歯が抜けたままだと、見た目に悪いだけでなく、その周りの歯に悪影響を及ぼしてしまいます。抜けた箇所に隣の歯が倒れこんできたり、噛み合っていた向かいの歯が伸びてきたりして、歯並びや噛み合わせに不具合を生じさせてしまうのです。

下の歯が倒れる

下の歯が抜ける

歯を失ってしまったときの治療には、インプラント・入れ歯・ブリッジを使う3つの方法があります。当院では、患者様一人ひとりの症状やご要望に合わせた治療法をご提案していますので、お気軽にご相談ください。

歯を失ったときの選択肢

インプラント

インプラント

生体親和性(体にやさしい)が高いチタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、それを支台にしてそこに人工歯を被せる治療法です。人工歯根と顎の骨がしっかり結合するため、硬い物でもしっかり噛めるようになります。見た目も天然歯に近づけることができ、周りの歯に負担をかけません。

ただし、外科手術が必要となるため、全身疾患がある場合や、顎の骨が少ない場合などには適応できないケースもあります。また、保険適用外の治療になるため、治療費は比較的高額になります。

入れ歯

入れ歯

入れ歯(義歯)にはさまざまな種類があり、失った歯の本数や部位に合わせて、部分入れ歯か総入れ歯のどちらかを選択します。どちらの場合も、保険適用範囲でつくることが可能です。

治療期間が比較的短く、外科手術も不要です。ただし、比較的見た目がよくなかったり違和感があったり、噛みにくかったりするなどのデメリットもあります。

ブリッジ

ブリッジ

抜けてしまった歯の両隣に残っている歯を削って支台とし、そこに連なった人工歯を被せる治療法です。違和感が少なく、噛み心地も悪くありません。

使用する素材に制限が生まれますが、健康保険を適用してつくることもできます。また、保険適用外の素材を使うと治療費は高くなりますが、より自然な見た目を追求できます。

ブリッジのもっとも大きなデメリットは、支台となる歯に大きな負担がかかってしまうことです。

周りの歯に負担をかけないインプラント

たとえばブリッジの場合、両隣の歯を支台とするために削らなければなりません。また、部分入れ歯では、隣の歯にバネをかけて支えるため、その歯の汚れが落ちづらくなったり、揺さぶられたりして、少なからず負担をかけてしまいます。

しかしインプラントなら、抜けた歯の部分だけの治療となるため、残っている歯に依存することがありません。そのため、インプラント治療は周りの健康な歯の寿命を縮めることがないのです。

こういう方はインプラントが向いています
  • 今ある歯に負担をかけず長く残したい
  • 入れ歯では、「しっかり噛めず、食事が楽しめないかもしれない」と不安がある
  • 抜けた歯の治療をしたことを、ほかの人に気づかれないような自然な仕上がりがいい
  • 今の入れ歯が痛い、噛みにくい

To Pagetop

多くの方に選ばれている「入れ歯」

多くの方に選ばれている「入れ歯」(1)

歯を失ってしまった場合の治療の3つの選択肢(インプラント、ブリッジ、入れ歯)の中で、一般的にもっとも知られているのは「入れ歯」ではないでしょうか。入れ歯は、外科手術をともなうインプラント治療に比べて治療期間が短く、修理も簡単で、さらに保険適用のものを選択すれば費用を抑えることができるなど、さまざまなメリットを持っています。

また、インプラント治療は全身疾患のある方や顎の形状が適さない方、妊娠中の方などには適応できないことがありますが、入れ歯はほとんどの方に適応可能です。

多くの方に選ばれている「入れ歯」(2)

入れ歯に「痛い」「噛めない」「食事が楽しめない」などマイナスイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。しかし、近年入れ歯技術が進化しており、自費の入れ歯であれば比較的見た目も噛み心地も取り戻せます。

当院では、保険・自費を問わず一人ひとりのお口の状態やご希望に適した入れ歯をご提供いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯は使用素材の違いにより、保険の入れ歯と自費の入れ歯に分かれます。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
  保険の入れ歯 自費の入れ歯
素材 レジン(歯科用プラスチック)のみ 豊富な素材やタイプの中から選択可
製作期間 比較的短い 素材やタイプによって長くなる
使用感
  • 歯茎にあたる床部分が厚くなるので、違和感がある
  • 食べ物の温度を感じにくい
  • 床に金属を選べば、食べ物の温度を感じやすい
  • 装着中の違和感を軽減できる
見た目 入れ歯だとわかりやすい 自然な見た目の素材を選択できる
修理・調整 壊れやすいが修理・調整が簡単 耐久性があるが修理できない物もある
費用 保険適用で比較的安い 保険用応外のため比較的高額になる
取り扱い入れ歯紹介

レジン床義歯:保険の入れ歯

メリット デメリット
  • 保険適用なので安価
  • 治療期間が短い
  • 装着が簡単
  • 修理・調整がしやすい
  • 適応症例が多い
  • 床が厚めになるので違和感が生まれやすい
  • 入れ歯とわかりやすい
  • 噛む力が比較的弱い
  • 食感や熱の感覚が伝わりづらい

金属床義歯:自費の入れ歯

メリット デメリット
  • 床の部分が金属なので薄くつくることができ、違和感が少ない
  • 部分入れ歯の場合、クラスプ(バネ)を見えにくくするなどの工夫が可能
  • 熱伝導性が高い
  • 丈夫で壊れにくい
  • 人工歯を選べるので自然な見た目に近づけられる
  • 保険適用外である
  • 修理が難しい
  • 金属アレルギーの心配がある

ノンクラスプデンチャー:自費の部分入れ歯

メリット デメリット
  • クラスプがないので、見た目に入れ歯とわかりにくい
  • 軽くて柔らかく装着の違和感が少ない
  • 周りの歯への負担が少ない
  • 柔軟性があって割れたり傷ついたりしにくい
  • 保険適用外である
  • 壊れにくい素材だが、一度壊れると修理ができない
  • 欠損部位によっては使用できない症例もある
  • 寿命が短く3年ほどでつくり替える必要がある

歯を失ってお困りの方は、一度お気軽にご相談ください。 03-5628-7003

To Pagetop