歯並びが気になる~矯正歯科~

気になる歯並びは治せます

「もう少し歯並びがよければ……」「うまく物が噛めない……」

こんなお悩みはありませんか? 歯並びや噛み合わせが悪いと、見た目に影響するだけでなく、咀嚼しづらかったり発音しづらかったりで、いろいろな問題を引き起こす場合があります。

矯正治療によって正しい歯並びに導くことで、
  • 口元が美しくなる
  • 正しい噛み合わせが可能となり、咀嚼機能を改善できる
  • 食べ物も挟まりにくくなり、ブラッシングもしやすくなるので、虫歯や歯周病などのお口のトラブルも防ぎやすくなる

美容と健康に効果が期待できる矯正治療、お悩みの方は当院にご相談ください。

矯正をすることのメリット

  • 食べ物をしっかり噛めるようになり食事が楽しくなる
  • 咀嚼が十分になることで胃腸への負担が軽減する
  • ブラッシングしやすくなり虫歯や歯周病になりにくくなる
  • 口元のコンプレックスから解放され、自分に自信が持てるようになる
  • バランスよく噛めるようになるため、顎や体のゆがみなども改善される

悪い歯並びの種類

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる「出っ歯」です。上の前歯が大きく前に突き出していたり、上の歯列全体もしくは上顎が大きく前に出ていたりする状態です。原因は遺伝のほか、上下顎の成長のバランスの崩れ、指しゃぶりなどさまざまです。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ)

いわゆる「受け口」です。「反対咬合」とも呼ばれ、下顎が大きく前に出ている状態です。下顎の過度な成長や上顎の成長不足による骨格による場合と、上の歯が後方に傾斜して起こる場合があります。噛む力が弱くなったり、「さ行」が発音しづらかったりします。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下の前歯が前に突き出ている状態です。口元が突出するので唇が閉じにくく、見た目があまりよくありません。また、転倒したときなどに前歯が折れやすかったり、唇を傷つけやすかったりします。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)

前歯の歯と歯の間に隙間が空いているいわゆる「すきっ歯」です。顎の大きさに対して歯が小さかったり、歯の本数が少なかったりして起こります。目立つだけでなく、食べ物が挟まりやすいのが難点です。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯の生える向きや位置が悪く、歯列がでこぼこにズレたり歯が重なり合ったりしている状態です。「八重歯」もこの一種。顎のスペースに対して、歯が大き過ぎることによって起こります。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

深い噛み合わせで、下の歯が見えないくらいに上の歯列が覆い被さっている状態です。噛み込みが深いため歯茎が傷つきやすいだけでなく、物が噛みづらくなります。発音に影響する場合もあります。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

「オープンバイト」とも呼ばれ、噛み合わせたとき、上下の歯の一部に隙間ができる状態のことです。前歯が開いてしまう場合、食べ物を噛み切ることが難しかったり、空気がもれて発音に影響が出たりします。指しゃぶりが原因となることが多いといわれています。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

上下の歯並びが、一部分ズレて交叉している状態です。咀嚼時に奥歯で物をすりつぶす動きが阻害されやすいうえ、前歯の中心がズレたり、顔がゆがんだりするおそれがあります。

※クリックすると各症状の詳細が表示されます。

  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)
  • 下顎前突(かがくぜんとつ)
  • 上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
  • 空隙歯列(くうげきしれつ)
  • 叢生(そうせい)
  • 過蓋咬合(かがいこうごう)
  • 開咬(かいこう)
  • 交叉咬合(こうさこうごう)

To Pagetop

取り扱い矯正装置

メタルブラケット

メタルブラケット

歯の表面に装着するブラケットが金属製の装置です。ブラケットに金属のワイヤーを通して歯を動かします。口を開けたときに目立ってしまいますが、壊れにくいうえに歯の動きもスムーズですので、比較的費用も抑えられるなどのメリットがあります。

クリアブラケット

クリアブラケット

ブラケットが透明な樹脂製の装置です。目立ちにくいのはもちろん歯の移動も比較的スムーズで、メタルブラケットと同様の効果が期待できます。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

ブラケットが歯の色に近いセラミック製の装置です。クリアブラケット同様に目立ちにくいのが特徴です。強度が多少低く、治療費もやや高めですが、メタルブラケット同様の高い効果が得られます。

リンガル矯正

リンガル矯正

歯の裏側にブラケットを装着するため、矯正していることが正面からわかりません。ただ、装着直後はしゃべりづらかったり、舌に当たったりして違和感を覚えることもありますが、次第に慣れて気にならなくなります。治療期間が多少長くなるケースもあります。

歯並びに関するお悩みなどは、一度ご相談ください。 03-5628-7003

To Pagetop